LINEいじめ
医師や専門家が深く詳しく解説します
LINEいじめ
医師や専門家が深く詳しく解説します

LINEいじめの問題: 東北大学の調査結果をどうみる?

公開日
更新日

 
執筆 :Mocosuku編集部
 
 
LINEいじめの問題 は、近年大きくなっていますが、関連した調査結果を、2016年3月に東北大学が発表しました。川島隆太教授を中心とする「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト」における調査で、仙台市内の小中学生4万人以上を対象としています。
 
 

~ LINEいじめの問題 ~LINE等利用調査結果の要点

調査結果の要点は以下の通りです。
 
・LINEやカカオトーク等の通信アプリを使わない集団の数学テストの平均点は61点だったのに対し、3時間以上使う集団の平均点は50点以下
・通信アプリの平日1日あたりの使用時間が長いと、勉強時間、数学テストの平均点ともに下がる。
 
 

~ LINEいじめの問題 ~LINE等利用調査から浮かび上がる課題

今回の調査で、可能性として指摘されていることで、衝撃的なのは以下の点です。
 
・LINE等の利用により、勉強時間が短くなり、睡眠時間が減少し、結果としてテストの点が悪くなっているのではなく、LINE等の長時間利用が直接的に、成績を下げる事に影響をしている
つまり、この調査から浮かび上がる課題は、LINE等の長時間利用は、学力低下につながるのではないかという仮説です。
 
このことが、 LINEいじめの社会問題 とどのような関係性があるかは、分かりませんが、LINE等の通信アプリの長時間利用が、小中学生の成長・成熟に大きな影響を与えているということでしょう。研究の更なる深化と、LINEいじめ等通信アプリが子供の心身に与える影響のメカニズム解明に期待したいと思います。
 
 

オススメリンク

 
LINEいじめは、ソーシャルメディアを用いた一種のハラスメントですが、ハラスメントに関連したテーマについて解説した記事として以下のものがありますが、御参考にして頂ければ幸いです。
 
パワハラのチェック はどのように行うのか?5つのパワハラ類型に照らして考察
 
パワハラの定義 とは? この“6つの類型”に覚えはない?
 
パワハラの相談 はどこですればいいのか? 何を相談できるのか?
 
モラハラのチェック :どんなタイプがモラハラ被害者/加害者になりやすい?
 
モラハラ妻 の特徴とは? 夫を言葉で追い詰めるモラハラ妻への対策とは?
 
ハラスメントの種類 :セクハラだけじゃない!ハラスメントを正しく理解しよう!
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。